必殺ジャンプ

060114.jpg

先週、隣県のバレエ教室にて。
「今日は初レッスンだから怒らないわぁ」と微笑む熱血先生の言葉を、誰も信じないままレッスンが進行。
案の定、レッスン前半で 「なんだか熱くなってきたわぁ~!」とはりきりだした先生。 後半ではいつもの熱血先生に戻り、 ジャンプの指導に熱い檄を飛ばした。

 
○○さん、足が反対! ○○さん、スケール小さすぎ!
ぐっちさん、地を這ってる!
地を這ってる地を這ってる地を這ってる・・・

初めて聞くそのお言葉が、ぐっちの耳にいつまでもこだました。 

 

ここから専門的なバレエの話題
バレエシューズ編

060114-02.jpg
↑ぐっち愛用のバレエシューズ。「ブロック」というメーカー。

幅にこだわっているうちに、A幅~C幅が揃ってしまった。
通っていた故郷のバレエ教室では同メーカーのD幅(標準)しかなかったので、 疑問を持たずにD幅を使用していた。

060114-03.jpg
購入したばかりのB幅を撮影。幅が広いとこうなる。 使い込んで汗を吸ったら、もう少しフィットするかも。C幅は故意的に水を与えたが、同じような感じ。

 

 060114-04.jpg
↑A幅。かかとスッキリ。靴底も足裏に吸い付く感じで踊りやすい。
でも汗を吸って少し窮屈になってきた。

 

トウシューズ編
本格的に履き始めたのは最近なので、まだ二足目。

メーカーは「シルビア」のC幅。

060114-05.jpg

 

060114-06.jpg
↑一足目は同じく故郷のバレエ教室で与えられたもの。 同メーカーのD幅(標準)。かかとのシワも変だし、厚いパッドをしても足が痛かった。

 

060114-07.jpg
↑現在使用のC幅。幅がフィットして指が落ちないので、薄いパッドでも足が痛くない。

 

060114-08.jpg
立ってみた。いつか、くるりんちょ・・・とピルエットをきめてみたい。