旧ブログを移転しました

f:id:guchi35sai:20210908020927j:plain

旧ブログ「いくらなんでも35歳」を
これまでの「シーサーブログ」から「はてなブログ」に移転しました。

所々にデザインの乱れやリンク切れなどが見られますが
すこしずつ整えてまいります。

 

9/12現在~新しい記事からさかのぼって整えています。2010年まで修正済み。
9/16現在~2009年まで修正済み。
9/18現在~2008年まで修正済み。

バレエグッズ試作品

8年ぶりにパソコンを買い替えてスペック向上しました。⤴
今まで鈍足だったフォトショップやイラストレーターもサクサク動きます。

というわけでバレエ関連・クラフトグッズの制作をスタートしました。✨

 

フラッグ試作.jpg

↑フラッグガーランド(クリックで拡大します)

 

まずはヤフオクでの販売を予定しています。
今は試作の段階なので、出品できるようになりましたら改めて告知させていただきます。😃

 

IMG_2188.jpg

 

モデルは、にゃんさん。→ にゃんさんのお誕生日に間に合わせて第一号を制作。

 

あまちゃん中毒

130603.jpg

NHK・朝の連ドラ「あまちゃん」にハマっている。
放送の無い日曜日も何をしていても頭の中を挿入歌がエンドレスで流れる。

 

意味不明な歌詞もあるけれど…80年代に作られた歌という設定なので過ぎ去りし若き日を思い出してせつなくなるぐっちなのであった。

 

8年ぶりにPCとペンタブを買い替えたのでイラストレーターでいろいろ制作中です。✨

 

40代の心得

130513.jpg

昨日のこと。 現在通っているバレエスタジオの 発表会を観に行った。(出演せず)

最近購入したオペラグラスは ぬかりなく持参したが シルバーグラス…までは頭がまわらず たいそう不便な思いをしたぐっち。

まさかここまで見えないなんてぇ~~っっっっ! しょっくしょっく大しょっく!

 

💠5/23追記

IMG_2170.jpg

 

2013年春・近況報告

ご無沙汰しています。

いろいろ不調でブログを放置してしまいました。申し訳ありませぬ。

 

不調といいつつも…故郷の友人たちに勧められて始めたLINEの部屋は毎日アクセスしていたりして。💦

 

LINE.jpg

↑自分の部屋

 

130415026.jpg

↑友人の部屋でお風呂をもらっているところ

 

そして春はお別れの季節。

いつもお世話になっていた東急東横線渋谷駅は地下へ。⤵

 

130415025.jpg

 

 

13041501.jpg

 

85年のうち、わずか一年半の思い出しかないのに悲しくて仕方がなかったわん。😖

 

13041502.jpg

 

さようなら。

 

その一方、20年近く住んだ故郷の実家が消滅してしまったわけだけど

 

170415013.jpg

↑父が引っ越して更地になった

 

寂しさとか悲しさはなくむしろスッキリしたというか。

根無し草人生ですから。

ミュージカルを観にいった2

今回の舞台鑑賞で激しく反省していることがある。
それは幕間の休憩。

 

20分と長かったため、トイレの長蛇の列に並んだり会場内を散策したり
そしてロビーでワインを頼んだり…

 

でもその時点で休憩終了、一分前だったみたい…

 

130117jpg.jpg

まさかのワイン一気飲み。

あああああ

もっと味わって飲みたかったぁぁぁ…と、
幕が開けたあとも暗い客席でひとり悔やんだぐっちなのであった。

ミュージカルを観にいった1

 

「100万回生きたねこ」(佐野洋子 著)という
昔から好きな絵本がミュージカルになったので昨夜、ひとりで観に行った。

 

neko.JPG

森山未來 満島ひかり主演 東京芸術劇場(池袋)

 

まず見入ったのが舞台美術。トリックアートな奥行きのある空間で、幻想的だった。特に不思議だったのが、天井部分から人が顔を出して台詞を喋ったり綱をつたって降りてくるところ。

全く重力が感じられなかったのだがあれは役者さんの頑張りが大きいのだろうか…?

 

13011702jpg.jpg

 

 

脚本と構成は、やや抽象的で台詞も詩的な言葉遊びが多かった。
ひとことで言うと観客が絵本を読んだことを前提に作られているという感じ。

第一幕80分(とら猫の輪廻転生) 
第二幕40分(白猫との出会いから死まで)

 

隣席のお姉さんが激しく舟を漕いでいた一幕目…。

 

13011703jpg.jpg

 

嫌でも視界に入ってしまったわけだが一幕目は舞台装置を魅せることに重点を置いているような印象。

アクティブで、どちらかというと子ども向け。
大人の皆さんにはちょっと退屈だったかもしれない。

 

大人としては心理描写が主な第二幕の方をじっくり描いてほしかった。
駆け足だったので二匹して年老いていく時間の経過がちょっと分かり辛かった。
そしてラスト最大の「オチ」が…😞

絵本読者なので脳内完結できたけどそうでない人には伝わりにくいかも。

 

…とマイナスなことを書いてしまったが

劇中の歌全12曲はオリジナルでどれも詞が心に留まった。
作詞は友部正人さんというフォークシンガー。今回初めて知った。
詩集も出しているようなのでこんど読んでみたい。

 

キャストも良かった。
満島さんはもともと猫っぽいし。
個人的に森山くんのダンスはもうちょい見たかった。

舞台の感想はこの辺にして舞台以外の反省点が…
長くなったので次にします。