夜間高速バス初体験(復路)

快適だった往路に比べ、 復路は少し哀しい旅だった。 あいにく、東京から九州方面や山口への 直行便には空席が無かったため、 一旦、東京から名古屋へ朝便バスで行き、同日夜・名古屋発のバスで帰ることにした。 

 

100113kosoku.JPG

 

名古屋への朝便高速バス(富士セービングバス社)は、 実に快適だったので割愛。

 

そして夜… 名古屋から乗車したのがロイヤル ホリデー社の4列ゆったりタイプ。 一見して思ったのは。 ゆったりじゃない!(゚Д゚)クワッ
往路のO社ゆったりバスに比べて 明らかに狭かった。

 

さらに、乗車前に 飲物を買いそびれてしまったのだが…。 着席 あ!シート前にお茶缶が入っている!揺れるハート そうだ!このバスはお茶付きだったんだ。 助かった~。わーい(嬉しい顔)

 

あとで飲もうっと。 数分後 ぐっちの目の前に首をかしげる女性現わる。
席を1個ずれて座っていた。
座席番号が無く、前or後ろから何番目と数えて間違えた)
正しい席に着席 ヤレヤレ、お茶飲もうっと。(シート前をゴソゴソ) … 

 

10011303.jpg

ゃおー!(吠) 私だけお茶が無いー!

 

おのれ~!このシチュエーションでこの仕打ち! 覚えてらっしゃい! (゚Д゚)クワッ
実は予約サイトで「私だけお茶が無かった」 というクチコミがあったので、 「さぞや気分が悪かったろう」と同情したのだが、 まさか自分がそんな目に遭うとはっ!

 

他には…

●消灯後のカーテンの光もれが凄かった。 往路の他社バスは遮光カーテンだったことに初めて気づく。

深夜の休憩にも集合時間を マイクでアナウンス。(往路バスは視覚で確認するシステムだった)

●男性は膝が前の座席に付いている人が 多くて気の毒だった。

トイレ付きだったが、 「緊急時以外は使わないで」と案内が。 そうなんだ~とビックリ。

 

など、往路に比べるとツッコミどころが多かったが… 無事に到着できて今こうしてブログで 報告できているのだから、それが何よりなのだ!安全第一!

 

それに、復路も往路同様、マナーの悪い人はおらず、 車内は静かだった。 やっぱり…世の中にはマナーの良い、 ちゃんとした人の方が多数派なのではなかろうか。

 

ときどき、そうでない人ばかりに 立て続けに遭遇すると、世も末だ、と嘆いたりするけど、 やっぱりそうじゃないのかもしれない。 それがわかっただけでも 夜間高速バスに乗ってよかった。。。 ということにしておこう~。もうやだ〜(悲しい顔)