いつかのメリークリスマス

09120801.jpg
会社員だった数ヶ月前のこと。
通勤途中、いつも朝早くから開店準備をしているオサレな雑貨屋があった。

 
その店頭に並ぶ小さな椅子を見るたびに、脳内にあの歌が流れた。
「僕は走り 閉店まぎわ 君の欲しがった椅子を買った 荷物抱え 電車のなか ひとりで幸せだった」 『いつかのメリークリスマス』by B'Z
 
隠れB'Zファンとはいえ、日ごろからこの歌詞に軽い違和感をおぼえていたぐっち。
椅子を抱えて電車に乗る青年の姿がどうも想像できない。
だから、この椅子を見てひらめいたのだ。
 
…この椅子だったら電車で抱えられるかも!
 
09120802.jpg
…でも、大人の女性が欲しがる椅子にしては小さい…よね。
もしかして、あの歌に出てくるのは折りたたみ椅子…?
oritatami.JPG
その店が朝早くから開いているばっかりに
毎朝、自問自答せずにはいられなかったぐっち。