イケメンの魔力

つづきです。

 

王子様に会うために、ちょっと早く家を出たぐっちだったが・・・。
夕方のラッシュアワーを甘くみたせいで、いつもと同じ時間に着いてしてしまった。

 

庭先でバイクを駐車していると、先生が出てきた。
イケメンらを乗せるタクシーが着いたか確認しに来たらしい。

 

ナヌ?もう帰るの?

 

細くて長い庭道の向こうを見ると、着替えを終えたイケメン5(ファイブ)が玄関から出てきたではないか。

 

07042801.jpg

 

走り出した熟女ぐっち。

ちなみに走ったのは、通路がすれ違えないほど狭いので、早く通り抜けなきゃイカン!と思ったからです。タクシーも来てたし。
決してがっついた根性で走ったわけじゃありませぬ。

 

 

07042802.jpg

 

暗いのと恥ずかしいのとでよく見えなかったのだが、確かにイケメン揃いだったような気がする。(もちろん王子様は確認できず)

今度また機会があれば、ちょっととは言わず、30分くらい早めに家を出ようと決心したぐっちなのであった。

 

以下はシッカリ早めに来ていたレッスンメイトから聞いた話です。

 

ぐっちが交通渋滞につかまっていたその時、70代の大先生は…

 

07042803.jpg

 

イケメン5が舞う稽古場を眺めては

 

07042804.jpg

 

そのセリフを、誰か生徒が来るたびに繰り返していたそうである。

老女を一足早く天国に連れて行ってしまうとは…
イケメン5、恐るべし!