歳月の流れ

060922.jpg

歳月の流れは速い。
10代の頃は自分で買えずに母に頼み込んで買ってきてもらっていた生理用品。 それが今では、若い男性店員さんがレジに立っていても、わりと平気で買える。

それでもまだ、羞恥心は多少残っている。
男性と女性の店員さんが両方いたら、もちろん女性のレジへ行く。
羞恥心と生理。完全に無くなるのはどっちが先かしら…などと考えてしまうお年頃なのであった。

【余談】昨日、テレビで「綾小路きみまろ」の漫談を聞いたばかりなので、この記事を読み返すたびに、脳内で きみまろ口調に変換されてしまいます。