『パエトーン』特別公開

110326yamagisi.jpg

今回の原発事故が起こった際にまず思い出したのが 漫画家・山岸凉子先生が25年前に描いた『パエトーン』。

 

これを機に、多くの人に読んでほしい…と 思っていたところ、現在、先生の意向により 潮出版社のサイトで特別公開されています。 興味のある方は、ご覧になってください。 特別公開・山岸凉子『パエトーン』 (公開終了)

 

『パエトーン』は、神になり代れると思い上がった若者・パエトーンをめぐるギリシャ神話になぞらえて、原子力発電の是非を世に問いかけた短編。1986年のチェルノブイリ原子力発電所事故の発生を受け執筆された。