年の初めはさだまさし3☆完結

 いよいよ生放送が始まった。✨ sada0301.jpg

プロデューサーらしきエライ人も補助的なスタッフ達も
笑うところでは客と一緒に微笑んでいて  和やかな雰囲気である。

 

カメラ1はさださんの正面に固定されていて、カメラ2の方は常に客席にあった。
客の顔を「抜く」数分前から ずっと構えているなんて知らなかった。

 

sada0302.jpg

 

というわけで、 映らないほうがおかしい。 sada03phote.jpg

 

さださんをはじめ、皆さんは 普段テレビで見ている印象と、 そう変わらなかった。
ゲストであるコロッケの顔の大きさも
スイーツを食べる芝田山親方(元大乃国)のお姿も。

sada0303.jpg

ただ、さださんは想像していたよりも 奥行きがあったように思える。 (意見には個人差があります)

 

ひとり、印象がくつがえされたのが 着物姿の小野文惠アナウンサー。 何で今まで気がつかなかったのかと不思議なほど、 実物は小顔で綺麗だった。

 

そんなこんなで… あっという間の2時間で番組は終了した。✨ (本番の記事、短っ!)

 

その後引き続き30分間のラジオの生収録があり、 締めに「青の季節」を歌ったあと さださんが惜しまれながら退場した。
そして ファンの熱烈なアンコール拍手のなか 客の退場アナウンスが途中で止まり、 さださんが再登場した。

 

アンコール曲は「最期の夢」という歌。
四方八方に向きを変えながら 熱唱してくれた。

 

ときどき ステージに近いので スポットライトが顔にあたる。
目もあけていられないほどの眩しさである。

sada0304.jpg

 

その眩しい光を一身に浴びて、 何十年もの間、自分の才能で生きてきた人が いま、目の前にいる…と ステージ上のさださんを 改めてまじまじと見つめた。

sada0305.jpg

さださんが退場すると、ファン達もお約束のように もう二度とアンコールの拍手をすることはなかった。
ああ、これで本当に終わりか、と にわかファンのぐっちも悟ったのであった。 


元旦の朝3時過ぎ 会場をあとにしたぐっち。
退場規制で最初に会場から出されたため、 周りに人影もまばらである。
会場近くを寂しく歩いていると…

sada0306.jpg

 

人影が。

 sada0308.jpg

道案内の若いスタッフが 寒いなか、ひとりで暗い夜道に立っていた。
ステージの上の人から 末端のスタッフまで ありがとう。
おかげさまで とても思い出に残る 2010年・年初めでした。